賃貸のおいしい話

賃貸を選ぶときにすること


トップ » 賃貸を選ぶときにすること

賃貸物件を探す時の注意点

賃貸物件を探す時には、家賃や広さ、通勤通学の交通手段、周囲の環境など、希望項目に優先順位を付けて絞り込んでおくとスムーズに進みます。不動産屋によって特色があり、小さくても地域に密着していて掘り出し物があったりします。基本的には他の不動産屋の物件でも紹介が可能ですので、担当者が親身になって探してくれる所がお勧めです。賃貸物件を探す時に、家賃や部屋の広さ、敷金・礼金には注目しますが、失敗しないために必ず現地に見に行き、周囲の環境もチェックします。

賃貸申し込み時の預かり金

気に入った賃貸物件に申し込みをする時に、預かり金を求められることがあります。この預かり金は、その物件を借りたいという意思を不動産会社や大家さんにはっきりと示す意味合いのお金です。預かり金を支払って入居の申込書を記入して提出すると、その賃貸物件の借り手を募集する広告が非公開となります。ここで、入居申込書と一緒に支払った預かり金については、実際の契約時の扱いについて確認しておくと安心です。本契約をする時には敷金などいろいろな初期費用が必要ですが、それらの費用に充当されるのかどうかを聞いておく必要があります。