賃貸契約印鑑証明

賃貸契約に必要なものは


トップ » 賃貸契約に必要なものは

賃貸の契約と印鑑証明

賃貸契約をする際には印鑑証明が必要となる場合があります。これは、実印であると事を証明する為のものです。実印と言うのは、役所で実印登録をした印鑑を指します。ですから、印鑑登録をする為に役所に行く事が必要となってくるのです。登録をすればすぐに印鑑証明を取ることができます。賃貸の契約をするときには、契約者の実印が必要となることがあります。この時には印鑑証明が必要となるのが一般的です。また、保証人の実印が必要となる場合もありますが、この場合には保証人の印鑑証明も必要となります。

賃貸についてまとめています

賃貸と言ってもマンションから一戸建てまでありますが、賃貸の場合は結婚や出産、子供の独立や親との同居など、年とともに変化する家族形態に対応した住み替えが可能になります。また、毎月の家賃はかかりますが多額の住宅ローンの負担がなく、長期間の返済に気を配る精神的な負担もありません。もし地震や水害などの自然災害にあってしまった場合や、隣に高層ビルが建ってしまった場合など周辺の環境が不便になっても引っ越しで解決できます。